2017年12月9日土曜日

松前藩のあれこれ


     日 時:平成30年3月2日、3月9日、3月16日、3月23日(毎週金曜日)
             14:00~16:00
     場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ) 2階 中研修室1
     受講料:3,600円  【全4回講座】
     定 員:30名
     講 師:札幌大学女子短期大学部 准教授 横島公司

     第1講 3月2日(金)
        松前藩の誕生 ~動乱の覇者蠣崎氏は大名松前氏に脱皮~
     第2講 3月9日(金)
        幕政の混迷と改革 ~“門昌庵のたたり”は幕政の混乱に拍車~
     第3講 3月16日(金)
        異国船の接近と蝦夷地の変容 ~北の黒船と幕命による藩主交代~
     第4講 3月23日(金)
        幕末維新期の松前藩 ~怒涛の時代に生きた松前藩の行末~

     【講座内容】
      松前藩初代藩主である松前慶広の六男の影広の著「新羅之記録(しんらのきろく)」は
     北海道の生んだ現存最古の文献でもあるが、その中で、享禄元年(1528年)夏に津軽
     海峡を越え蝦夷島に渡ろうとする船に父の姿があったと記されている。  
      松前藩が千島列島を含む蝦夷地の地名を記した帳簿を幕府に提出したことで、日本地理
     認識は大きく変わっていった。蝦夷地と本州を結ぶ交易の場として栄えたこの街には松前
     藩によって日本最北の城が築城され、藩政時代の城下には最大2万人の暮らしがあった。
      幕末維新の怒涛の時代まで、異例ずくめといわれたその史実をさかのぼってみませんか。


https://chieria.slp.or.jp/kouza/2017-1116-0858-27.html

2017年12月1日金曜日

未来につながる北海道の食材




                    <講座内容>
            北海道と命名されて来年で150年になります。
            いろいろと課題の多い北海道ですが、食の面に
            ついては有望な可能性があります。中でも食材
            としての農水畜産物は全国に供給され、各地の
            名産品の素材として活用されています。北海道
            活性化の切り札として、食産業についてもっと
            知る必要があると思います。北海道の食の魅力
            と食産業のこれからについて一緒に考えてみま
            せんか。

                     お申し込みはこちら

2017年11月27日月曜日

健やかなシニアライフを目指して

~ 自宅で週2回!いきいき百歳体操 ~


講座内容
 「元気で自立した生活を末永く続けたい」この希望の実現には、毎日の食事と運動(体を動かす)がとても大切です。
 この講座では、生き生きとした健康的な高齢期を過ごすために必要な栄養摂取や、運動機能・脳機能の低下抑制などの
 自己管理法と高齢期を豊かに過ごすための生き方を学びます。


※いきいき百歳体操とは、米国国立老化研究所が推奨する運動プログラムを参考に平成 
  14年に高知市が開発したおもりを使った筋力運動の体操です。イスに腰をかけ、準 
  備体操、筋力運動、整理体操の3つの運動です。恵庭市では、平成19年から取り組
  み始め、市内約30ヵ所の会場で行われています。
 ※ジェロントロジーとは、日本語で「老年学」又は「加齢学」と呼ばれる学問分野のこ
  とです。


日 時:平成30年2月7日~2月28日 
    毎週水曜日  14時00分~16時00分
場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ) 2F中研修室2
受講料:3,600円[全4回] 定員:30名    申し込み締切12月25日

     日 程     各 回 タ イ ト ル              講   師
第1講 2月 7日(水) 人生100歳時代
            ~長寿、健康、若さの追求~   北海道ジェロントロジー推進協会会長
第2講 2月14日(水)人生100歳時代        朝倉 利光
            ~進化する美しい生き方~

第3講 2月21日(水)いきいき百歳体操(その1)   恵庭市 保健福祉部 障がい福祉課
                           
第4講 2月28日(水)いきいき百歳体操(その2)   佐藤 和彦














2017年11月18日土曜日

貴婦人が愛した紅茶の美学




【講座内容】
かつて東洋から西洋へと渡ったお茶は、王侯貴族や貴婦人達によって、茶
道具と共に優雅なサロン文化として花開きました。紅茶の歴史は、単なるお
茶だけでなく、それぞれの国の文化、政治、宗教的背景も複雑に影響を受け
て、世界を舞台に展開していきました。この講座では紅茶にまつわる美の世
界の今、昔を紹介します。紅茶を味見しながら、おもてなしの心も学びます。

♢開講日♢ 平成30年2月1日~2月22日 毎週木曜日 全4回
♢時 間♢ 14:00~16:00
♢場 所♢ ちえりあ 4階 アトリエ
♢講 師♢ 紅茶コーディネーター 出口ゆかり
♢受講料♢ 3,600円    別途教材費として 1,000円
♢定 員♢ 30名
♢その他♢ 毎回紅茶カップを持参してください。

1 講目  2/ 1(木)  紅茶文化史上に残る女性たち
2 講目  2/ 8(木)  アフタヌーンティーの始まり
3 講目  2/15(木)  お茶会に使われたティーカップ
4 講目  2/22(木)  紅茶が登場する文学・映画・絵画



2017年9月24日日曜日

もっと知ろう日本の温泉

~ 温泉力が健康寿命を支える ~



【講座内容】
 私たちの住む札幌の中でも魅力的な温泉街、定山渓。今では海外からも観光として訪れる人も多いようです。札幌を含む北海道には温泉が数多く点在し、現在約250カ所あると言われています。温泉には温度・色・臭いなどによりさまざまな種類や効能があるのはよく知られていますが、どんな種類の温泉がどんな風に体に影響をあたえているかご存知でしょうか。
 この講座では、温泉学者の松田忠徳氏を講師にお迎えし、第1回は、日本人と温泉の関わりを歴史的、文化的に解説し、温泉が日本人の“ココロ”に効く理由を探ります。
第2回は、なぜ温泉が“カラダ”に効くのかをやさしい温泉科学で解き明かします。
第3回は、身近な温泉が健康と美容にどう効くのか、道内外500人の入浴モニターによる実証実験の驚きの結果をご覧いただきます。
最終回である第4回は、“予防医学”としての効果的な温泉の選び方と入浴法や、道内の温泉を楽しみながら健康力、美容力の高め方を伝授します。



日 時:平成29年11月20日、27日、12月4日、18日
    毎週月曜  14時00分~16時00分

場 所:札幌市生涯学習センター(ちえりあ) 2F中研修室2

受講料:3,600円[全4回] 定員:30名   

講   師  モンゴル国立医科大学教授 医学博士   松田 忠徳

日 程    各 回     タ イ ト ル
第1講 11/20(月)  日本人はなぜ、かくも温泉につかるのか?
             

第2講 11/27 (月) なるほど!これが温泉科学の最前線
             

第3講 12/ 4(月) ここまですごい、温泉の医学的な力!
                  

第4講 12/18(月)  温泉を楽しみ、健康を極める“温泉道”
             

開講中

2017年9月18日月曜日

北海道地図から読み解く3偉人


~ 伊能忠敬・間宮林蔵・松浦武四郎 ~



























    日 時:平成29年10月4日~10月25日 毎週水曜日 全4回
    時 間:14:00~16:00
    場 所:ちえりあ 2階 中研修室1
    定 員:30名
    受講料:3,600円

    講 師: 山の手博物館 理事 打田 元輝

    第1講 10月  4日(水)  伊能 忠敬 ~東蝦夷を測る~
    第2講 10月11日(水)  間宮 林蔵   ~西蝦夷を測る~
    第3講 10月18日(水)  松浦 武四郎  ~蝦夷地名をつける~
    第4講 10月25日(水)  蝦夷地の探検と地図 ~全国から集める~


【講座内容】
 北海道命名150年を記念し、西暦1800年の伊能忠敬の松前上陸と間宮林蔵との出会いや、  松浦武四郎の北海道命名などを、彼らの作った実際の地図等から読み解きます。
 講師には、各地にある伊能図などを「インターネットでみる蝦夷地の古地図」としてまとめた  山の手博物館の打田元輝氏に実際の地図を基に解説いただきます。



終講しました